日焼け対策のアイロニー

今までの人生の中で日焼けをして困ったことはなかった。日焼けで痛いとかヒリヒリするって言う話を聞いても他人事だった。

この前半袖で1日中外にいた。仕事というかなんというか頼まれ事で、支給された半袖のポロシャツを着て1日中外で過ごした。日焼け止めを塗り忘れた。なかなか休む暇もなくて途中で塗ることもできなかった。それでも今まで日焼けで困ったことがない私は色が黒くなることや周りの人達からなんで日焼けしてるのと聞かれるのは嫌だなあと思いながらも日焼けで皮膚が痛くなるなんて思ってもいなかった。でも日焼けで腕が真っ赤になりヒリヒリして痛い。

私は小学生の頃、年がら年中半袖短パンで生活していた。中学生の時はソフトテニス部でもちろん夏は半袖短パンで部活をしていた。まだまだ日焼け止めを塗ったら怒られる時代だった。それでも日焼けをして色が黒くなる事はあっても、痛くなった記憶なんて全然ない。

1日中外にいて半袖のポロシャツを着て外にいて痛くなったのは腕の部分だけだった。同じように日に当たっているはずの顔や手の甲は日焼けこそすれ痛くなったりヒリヒリしたりはしない。この違いは何なんだろうと思った。

考えてみれば私はここ数年の間に半袖で外に出歩くことがなくなった。仕事の時も、休日も最近は真夏でも長袖だ。帽子をかぶったり手袋をしたりはしないので、顔や手の甲は日焼けに慣れていると言うことなのだろう。また半袖で過ごしていた昔の私は腕も日焼けに慣れていたのだろう。しかし、数年ぶりに日光の下にさらされた私の腕ははかなくも赤く炎症を起こした。

日焼け対策をすると日焼け対策を怠ったときの被害が大きくなる。このアイロニーはあらゆるものに当てはまる普遍の法則のような気がした。