松屋でPayPayを使ってみた話

最近は午前2時とか3時とかに起きることが多い。そしてその時間からコンビニに行ったり牛丼チェーンに行ったりファミレスに行ったりする。今日も早速、近所の松屋へと向かった。

道すがらふとiPhoneでモバイルSuica残高を確認した。松屋で使える電子マネーはSuicaだけだ。

Suicaの残高は260円だった。これでは一番安い牛めしミニ盛りも食べれない。クレジットカードからチャージしようとした、そのときだった。

「モバイルSuicaサービスが利用可能な時間は4:00〜翌日2:00です。時間をお確かめの上、再度実行してください。」

もうかなり歩を進めていた。クレジットカードが使えるデニーズは逆方向だった。現金はできれば使いたくなかった。

そういえば、と思い出したことがあった。先日も松屋に行ったとき、PayPayが使えるようになったというポップが券売機についていた。

確かキャンペーンもやっていることだし――。

そう思って信号待ちをしながらPayPayアプリをダウンロードした。そしてチャージする方法を探した。確かクレジットカードからチャージができたはずだ。

「ヤフーカードでもチャージOK!お得な特典も」

よくわからないので調べてみると、ヤフーカードからしかチャージができないらしい。あるいはYahoo!アカウントと連携させるか。とにかくANA JCBカードからはチャージできないのだ。

iPhoneをアスファルトに叩きつけたい衝動に駆られた。深夜に牛丼を食べに出かけなければならない自分の運命を呪った。

信号は青に変わっていた。PayPayにははじめから500円残高があった。おそらく新規利用者への特典なのだろう。

この500円だけ使って、そしてこのアプリを消してやろうと思った。それがせめてもの復讐になると思った。

できるだけ残高を使いきりたかった。入り口に貼られたメニュー一覧のポスターを見るとキムカル丼が500円だった。奇しくも一番好きなメニューだ(期間限定商品を除く)。

支払いは面倒だった。アプリを操作してバーコードを開かなきゃならないし、券売機の操作もしなければならなかった。

Suicaならただかざすだけでいいのに――。

「PayPay」とか鳴きだすiPhoneにびっくりして、「おめでとうございます。100円相当のPayPay残高GET」の表示に少しいらっとして、カウンター席に座り、食券を渡した。

水を飲みながら、左手に持ったままだったiPhoneのPayPayアプリのアイコンを長押しした。